ガジェットデバイスレビュー

【ロジクール Pebble M350】シンプルで静音性に優れているワイヤレスマウス【レビュー】

スポンサーリンク

こんにちは、Sua@southpaw_sanadaです。

 
外出先でiPadとかノートパソコンで使える安い ワイヤレスマウスないかなー。
と色々調べては探してみて・・・他にも、
  • 静音性が高いワイヤレスマウスを探している
  • iPadやノートパソコンなどでサブ機として探している

という方にはおすすめの「ロジクール M350」をレビューしていきます。

・詳しい外観とスペック
・「M350」の特徴とメリット、デメリット
・安価でシンプル、静音性に優れているワイヤレスマウス

見た目・外観

箱の外観はコンパクトになっています

見た目はシンプルですが、Apple純正マウスほどのスタイリッシュさはありませんね 背面には・電源スイッチ・Bluetooth切替スイッチ・センサーがあります。 サイドボタンは搭載されていません また、本体後ろ側が高く、前が低くなっています

スペック

センサー 光学式
接続方式 Bluetooth,USBレシーバー
カラー グラファイト、ローズ、オフホワイト、ブルーグレー、ユーカリ
高さ 最高26.5mm
59mm
奥行き 107mm
重量 78g
バッテリー 単三形乾電池1本→18ヶ月
対応OS Bluetooth→Windows10,8、macOS、iPadOS、ChromeOS、Android、surface
  USBレシーバー→Windows10,8,7、macOS、ChromeOS
解像度 1,000DPI

パッケージ内容

・製品本体・ワイヤレスレシーバー・単三形乾電池×1
・クイックスタートガイド・保証規定・保証書 が付属されています。

「M350」の特徴とメリット

2種類の接続方式に対応

「M350」BluetoothUSBレシーバーに対応しているので
ほとんどの PC、タブレットまたはスマホに接続することができます。

PCの場合はUSBが必ずついていますのでPC本体に
USBレシーバーを挿入することで すぐに使用することができます。

タブレット、スマホBluetooth対応がほとんどですので
USBレシーバーを使用しなくても接続することができます。

スペックに記載されている対応OS、PCバージョンを使っている方は
使用できるということはほとんどのユーザーに当てはまるのではないでしょうか。

静音性に優れている

「M350」のクリック音は従来と比べクリック感覚はそのままで
90%のノイズ削減をした静音設計を採用しています。

一番の特徴としてはこのクリック音が静かで外出先などで
周りを気にせず作業できる所が良い点だと感じました。

カフェなどで作業する際はマウスを動かす分、スペースを取ってはしまいます
トラックパッドが使いづらくてマウスが良いという方にはかなりオススメです。

持ち運びがしやすい

本体が薄型設計のため、かさばらないほど薄くてシンプルな形状になっています。

小型のマウスはいくつもありますが、薄型というのは限られてきます。

厚さがないのでバッグに入れる時でも内ポケットにすっぽり収まるよう
になっています。

収納の邪魔をせず中身がごちゃごちゃにならないのは嬉しいですね。

単三形乾電池1本で18ヶ月の電池寿命

「M350」は単三形乾電池たった1本で約1年半も交換しなくて済むので  

Sua
「すぐマウスのバッテリーが切れちゃうよ!!」

というのはないので良いです。

筆者がメインで使っている、ロジクール「Gpro X Superlight」
バッテリー式なので約70時間で充電しなくてはいけません。

すぐにマウスが動かなくなったら恐らく故障とすぐ判断できると思います(笑)

「M350」のデメリット

マウスの握り方に限りがある

「M350」は薄型の形状になっているので かぶせ持ちの方は使いづらいと思います。 ※上記画像はかぶせ持ちをした場合です。 他にはつかみ持ち、つまみ持ちがありますが
この2点に関しては問題ないと思います。 ※上記画像はつかみ持ちの場合です。 ※上記画像はつまみ持ちの場合です。
しかし薄型のデメリットとしては普通のマウスに比べて
握りづらいので慣れるまでは手の疲労というのもあるかもしれません。

サイドボタンは搭載されていない

通常のマウスではサイドボタンでページを「戻る」「進む」
を使用している方が多いと思いますが、「M350」では
使用することができません。

カーソルで合わせて画面の「戻る」「進む」を
クリックしなくてはいけないので
その手間が作業の中では負担になるのではないでしょうか。

ガラステーブルにはマウスパッドが必要

センサー状、ガラス性の素材に対しての反応はあまり良くありません。

自宅のデスク、お店のテーブルがガラス性の場合はセンサー反応しない
可能性があるのでその際はマウスパッドを使用する必要があるので注意してください。

まとめ|静音性、デザインを重視したシンプルなワイヤレスマウス

クリック、ホイール感は悪くはない
センサーもほとんど問題なし

3,000円以下で購入でき、見た目・外観も良く外出先でも目立たず
オシャレですが、実際の使い勝手については本体が薄いので
手にフィットしない方が多いのではないでしょうか。

手にフィットしない→疲れやすくなる

マウスを使用するに当たってこのデメリットはかなり痛いですね。

長時間ではなく外出先にだけということであれば大丈夫ですが、
職場で使いたい、メイン機として使っていきたいという方には
あまりおすすめはしません。

「M350」をサブ機として使っていくにはかなり良いワイヤレスマウスです!

筆者は現在のメインマウスは同じくロジクールの
「Gpro X Superlight」 を使用しています。

ここ2,3年でワイヤレスマウスが普及していますが、
ケーブルレスってだけでかなりストレスフリーですよね。

今回ご紹介したロジクール「M350」は価格も安価なので
ワイヤレスデビューする方にはおすすめできます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

 

 
 

コメント